男女平等参画推進・女性活躍(女性委員会)

連合栃木の女性組織である女性委員会は「女性の参画と連帯を促進し女性に関する政策・制度の改善と、男女共同参画社会づくりを組織と共に進める。意見をまとめ、執行機関に反映させると共に、実践活動に取り組む」ことを主たる目的として発足(1990年12月4日)しました。

この間、男女平等意識も高まりつつありますが、日本の女性の指導的地位に占める割合は、労働組合をはじめ、あらゆる分野において約1割程度です。男性中心型労働慣行を改め、性別にかかわらず活躍できる環境の実現が求められます。

女性委員会は、男女平等参画をはじめ、多様性が尊重される職場・社会の実現と、自らの意識の向上、働く仲間とのネットワーク構築、諸課題の改善に向けて、取り組んでまいります。

▶ 連合栃木女性委員会ニュース№16.pdf(2020.2.17)

▶ 3.8国際女性デー(中央集会も中止となったため、当日講演予定の皆様の動画がUPされています)[連合HPへ]


次世代を担う人材を育成(青年委員会)

連合栃木は、労働運動の活性化と、次代を担う若年層の交流・育成を目的として、青年活動を推進しています。私たちの労働運動を未来へつなげるためには、次代を担う若いリーダーの育成が不可欠であることから、人材育成の場として、青年委員会活動を中心に取り組んでまいります。